給料一ヵ月分は安すぎる?

婚約指輪は給料三ヶ月分、と当たり前のようにいわれていますが、最近の相場を調べてみると、必ずしもそうとは言い切れません。

結婚情報雑誌ゼクシィによると、婚約指輪にかけるお金の平均額は首都圏で約37.4万円ほど。男性にとって相場が低くなるのはありがたいことですが、やはり女性たちの反応が気になるところですよね。あまり値段が安いと女性が傷付くのではないか・・・そんな心配をしている方もいらっしゃると思います。

しかし女性は女性で、値段やダイヤの大きさよりも、自分の好きなブランドやデザインを選んだほうがいい、という考えをする方も最近では多いようです。

せっかく高いお金を払って購入した指輪なんだから、結婚式だけで終わらせてしまうのはもったいない・・・そういった意見もありました。

普段の生活でも、なにか特別な日が来るときに付けたい。一回きりの装着では物足りない。おしゃれを一番に考える女性にとっては、婚約指輪もその例外ではありません。ですから指輪のデザインやファッション性は、ある意味値段よりも重視するべきポイントなのかもしれません。

女性に圧倒的な人気を誇るティファニーでは、0.25カラットで22万円弱、0.5カラットで46万弱ほど。結婚指輪の定番はやはり一粒ダイヤの「ソリテア」で、四割近い購入者がこのデザインを選んでいるようです。最近では小さなダイヤが密集した「パヴェ」や、土台部分にダイヤを散りばめた「メレ」も人気ですね。ソリテアに比べるとパヴェもメレも若干お値段が安いですが、とても可愛らしいデザインなので、欲しがる女性も多いようです。

婚約指輪を購入しようと考えている男性は、金額を気にするよりもまず、彼女が婚約指輪のどこを重視しているのかきちんと聞いてみるとよいのではないでしょうか。

中にはこんな方々もいらっしゃいます。 「婚約指輪は一度使ってしまったらあとは金庫行きなので、もったいないと思って比較的安いものにし、気に入ったデザインの結婚指輪をちょっと高めの値段で購入しました」 婚約指輪は結婚式が終わってしまえば滅多に付けることはありませんが、結婚指輪は普段から薬指にはめるもの。それを考えると、むしろ結婚指輪のデザインや値段にこだわりたいという女性の意見も納得がいきますね。

またある方は、 「婚約指輪にあまりお金をかけなかったぶん、新婚旅行をリッチにしました。良い思い出が作れてとても満足です」 という言葉も残しています。指輪よりも新婚旅行にお金を使いたいタイプの方も結構いらっしゃるようです。

中には婚約指輪自体買わなくてもいい、と言う女性の方もちらほら。 こうした意見から考えると、女性は何も値段の高い指輪を欲しがっているわけではないということがわかります。

ですから、一ヵ月分は安いかという問題も、女性の考えによりけりなので、明確な答えはありませんね。

カテゴリー: 給料一ヵ月分は安すぎ? | コメントは受け付けていません。

ダイヤモンドが愛される理由

紀元前四世紀ごろにインドで発見されたといわれているダイヤモンドは、その比類ない輝きから「純潔・永遠の絆」という石言葉を付けられています。
虹の色彩すべてを持つこの石は、光のあたる角度によって幾十にも表情を変え、まさしく永遠に見ていても飽きないほどの美しさです。

婚約という特別な儀式で使う指輪は、言うなれば男女の絆を具現化したような存在です。それにダイヤモンドという石が頻繁に使用されるようになったのも、石の持つ魅力や意味を考えれば必然的ともいえますね。

sanple-06.jpg

ダイヤモンドを調べると、「4C」という単語をよく目にします。
4Cとは、CRAT(カラット)、COLOR(カラー)、CUT(カット)、CLARITY(クラリティ)の頭文字を取った言葉です。
人に性格があるように、ダイヤモンドもひとつひとつ異なった煌きをもっています。
それを表すのが4Cという言葉で、この4Cのコンビネーショングレードが高ければ高いほど、希少価値があるとされています。

CRAT
重量のことを指します。1カラットは0.2g。1カットのラウンドブリリアントカットで直径約6.5ミリです。

COLOR
色味のことを指します。無色透明、ピンク、イエロー、ブルーなどのバリエーションがあります。最高級カラー(無色透明)はDカラーと表記し、アルファベットがEFG…と進むにつれて石の茶色っぽさや黄色っぽさが増していきます。

CUT
研磨のことを指します。ダイヤモンドの魅力は石本来の持つ美しさですが、カットする人間の手によってその輝きをより増幅させることができます。原石を58面体に研磨にし、最大限の美しさを引き出すのが「ラウンドブリリアントカット」です。

CLARITY
透明度のことを指します。フローレスと呼ばれる一部の種類をのぞいて、ダイヤモンドには必ず内包物(インクルージョン)が混入しています。内包物もダイヤモンドの個性なので、輝きに影響を与えない程度のものだったら気にする必要はありません。

カテゴリー: ダイヤモンドの魅力 | コメントは受け付けていません。

婚約指輪選びのコツ~安心のサポート~


ネット上で婚約指輪を買うのはいいけど、もし届いたものが気に入らなかったらどうすればいいの?という疑問を抱く方もいらっしゃいますよね。

感覚は人それぞれですが、やはりPCのモニターから見るものと、実際に視覚できちんと確認したものが自分の中で一致しない場合はあるかとおもいます。

BRILLIANCEはそんなケースを考慮して、『30日間返品補償制度』という保険をすべての指輪に付属させています。

これは、商品が破損していたり、希望していたデザインとイメージが違う場合、商品到着跡20日以内に連絡して30日以内に指輪を返送すれば、返品もしくは交換をしてくれます。

またサイズ直しに関しても万全です。
購入より一年以内なら無料でサイズを修正してくれます。
ネットで高価な買い物をするときには必ず不安が付きまといますよね。
特に婚約指輪ともなると、慎重すぎるくらいがちょうどいいかと思います。

sanple-05.jpg

カテゴリー: 婚約指輪選びのコツ~ネットを利用する~ | コメントは受け付けていません。

婚約指輪選びのコツ~嬉しい無料刻印サービス~

指輪の裏に、二人だけの刻印を彫るのはとても素敵なことですね。

思い出の言葉、結納した日にち、お互いに通じる幸せなフレーズなどを指輪に残しておけば、より強い絆を感じられると思います。

sample-04.jpg

BRILLIANCE Diamondでは、指輪の刻印サービスを無料で受けることができます(購入日より一年以内)。
メールで刻印希望の旨を伝え、指輪を送付すると、半角大文字6字以内のフレーズを二人の指輪の裏に彫ってくれます。

これは婚約指輪だけではなく結婚指輪にも付属しているサービスなので、日常生活で薬指に付ける結婚指輪にも、思い出のフレーズを残しておいてもいいのではないでしょうか。

カテゴリー: 婚約指輪選びのコツ~ネットを利用する~ | コメントは受け付けていません。

婚約指輪を選びのコツ~オーダーまでの共同作業~

では実際どのように婚約指輪をネット上でオーダーするのか。

婚約指輪の注文から購入までをサポートしてくれる婚約指輪通販サイトのBRILLIANCEを例に説明していきましょう。

まず肝心の選び方ですが、BRILLIANCEには『ダイヤモンド検索』といって、予算やダイヤモンドのカラー、クラリティなどをスライダーで設定すると、サイト内にある10万点の指輪の中からもっとも指定した条件に近い指輪を自動的に選抜してくれるという便利な機能があります。

これを使用すれば予算に見合ったダイヤモンドの種類がわかりますし、写真や詳細設定も付いているので実物のイメージがとても掴みやすいです。

sanple02.jpg

そして好みのダイヤモンドを見つけたあとは、同じく『リング検索』といって、リングのデザインを探す機能を使用します。

そこで気に入るデザインのリングを見つけると、さきほど選択したダイヤモンドをそのリングのデザインに適応することができます。
セッティングイメージも表示されるので、自分の理想とする組み合わせを作り出すまで、人の目を気にせずじっくりと吟味できるのが助かりますね。

sample.jpg

もともとすべてデザインされている指輪ではなく、ダイヤモンドもリングもパーツから自分で選択して作り上げていくので、オリジナル性を求める方にもおすすめです。

そしてここが一番の特徴ですが、BRILLIANCEでは、男性と女性がyahooのようにアカウント(もちろん無料)を取得して同サイトにログインさえすれば、自由に二人でリングを選べるシステムを導入しています。

これは、選んだ指輪を『ウィッシュリスト』というリストに登録し、婚約する方に招待メールを送りログインしてもらうと、選んだ指輪をお互いに確認し合うことができるという機能です。

sanple-03.jpg

ウィッシュリストを二人で共有すると、選んだ指輪の下にコメント欄がありますので、それを使ってリスト上で意見交換ができます。
お互いの登録した指輪を見て話し合い、そこからさらにアイデアを出し合って新たなデザインの指輪を生み出すことも可能です。

婚約の日まで諸事情でゆっくりと指輪を選びに行くことができない方々にとって、このシステムはとても心強いサポーターになってくれますね。

ただ、オーダーメイドという性質上、注文から送付まで3~4週間はかかってしまうそうです。
納期は指輪のデザインによって変動するようですが、オーダーを考えている方は、結納の日取りを頭に入れ、できるだけ早めにデザインを決めておいたほうがいいかと思います。

カテゴリー: 婚約指輪選びのコツ~ネットを利用する~ | コメントは受け付けていません。

婚約指輪選びのコツ~ネットを利用する~

まず婚約指輪の購入時期ですが、プロポーズの言葉と共に婚約指輪をプレゼントしたい!という演出を考えている方以外は、結納までに間に合えばいいでしょう。
末永く記念に残るものなのだから、二人でじっくり話し合って決めることも大事ですね。
一番理想なのは店頭まで出向いて選ぶことですが、仕事やさまざまな都合上で、相手の方と一緒にお店まで行く時間が取れなかったり、じっくり吟味して選ぶ時間がなかったりする方もいらっしゃると思います。

しかし時間の融通がきかない方々でも、二人でじっくりと婚約指輪を選べる方法がひとつあります。

それは、インターネット上で婚約指輪を選ぶことです。

婚約指輪をネットで購入する、という言葉だけを見ると、ただ掲載されている写真から商品を選んで購入ボタンを押すだけ、と思いがちですが、実際は違います。
今はネット上でも、男性と女性がお互いに意見を出し合いながら、自分達にもっとも相応しいオリジナルのエンゲージリングを作り出すことができるのです。

リングのデザインからダイヤモンドのカットという細部に至るまで二人の希望を反映できるので、もしかしたら、店頭で選ぶよりも気に入ったものを見つけることができるかもしれませんね。

カテゴリー: 婚約指輪選びのコツ~ネットを利用する~ | コメントは受け付けていません。

婚約指輪選びのコツ

結婚は人生の一大イベントです。
と同時に、愛する伴侶と新しい人生をはじめるための第一歩でもあります。
そしてそんな二人の門出を更に華やかに演出してくれる存在が、婚約指輪です。
薬指にはめることで互いの愛を確認しあうあのロマンチックな瞬間は、お金じゃ買えない価値があります。

しかし、ここで忘れてはいけない問題がひとつ。
現実的な話をしてしまいますが、婚約指輪そのものにはやはりお金がかかります。
結婚指輪は「給料の三ヶ月分」と昔から言われているだけあって、大体の相場が30~40万。
あなたの人生の中でも特に高価な買い物になることでしょう。

しかし、婚約指輪だからといってなにも本当に「三ヶ月分」払えばいいというわけでもありません。
無理をして高い指輪を買うよりも、自分たちに見合ったコストのものを探せばいいんです。本当に大事なのは指輪の値段ではありません。
むしろその指輪を二人で選ぶ過程に価値があるのだと思います。
二人で話し合い、二人で気に入るデザインを探し、二人で決定する。
結婚前に行うそんな共同作業が、より二人の愛を深めてくれますね。

カテゴリー: 婚約指輪選びのコツ | コメントは受け付けていません。